当ブログのおすすめ記事はこちら!
  • 【学生でもできる】エンジニアとして海外ノマドワークをする方法と実際に感じたこと

LEEDS FESTIVALに参戦してみた【イギリス・フェス】

SHARE

LEEDS FESTIVALに参戦してみた【イギリス・フェス】



 

2017年のLEEDS FESTIVALに参加してきました。今年はなんとONE OK ROCKが出演するということで、若干ニュースにもなっていたと思います。ってことでワンオクが出演する8月27日に参戦してきました。

行き方とかチケットの取り方はこちらにまとめてありますので、ご確認ください(´・ω・`)

 


 

 

こちらの記事では、今後イギリスのフェスに行く人・行きたい人向けにどんな感じなのかまとめていきます。

 

服装

 

長靴

 

イギリスの野外フェスでは、長靴を履いている人が多いです。これはイギリスでは雨が多いためなんです。

野外フェスは当然外なので、雨が降ると地面がぬかるむんですよね。

僕が行ったときはずっと晴れでしたが、降ると大変なことになります。

 

まあでも無くても問題はないです。ただ靴が泥だらけになるかもしれないことは覚えておいてください。

また、会場でもポンチョとあわせて売ってたりします。いわばユニフォームのようなかんじですね。

 

上着

 

イギリスは一日で四季を体験できると言われているほど、気温がころころ変わります。

夏だからといって、半袖だけでいくと夜辛くなります。しかも終了時刻は23時とかなんで、結構寒いですよ!

昼はTシャツ一枚でも大丈夫なんですが、、、

なので、簡単に着脱できるパーカーみたいなものはあったほうがいいですね!

 

 

タイムテーブル(Set times)

 

フェスの前には見に行くバンドの順番とか決めて、盛り上がりたいですよね!

ただ、日本と違って1ヶ月前とかに発表はされません。

READING LEEDS FESTIVALでは1週間前の発表でした。

しかもなぜか公式ホームページでは発表はされず、、、アプリのみで確認することができました。

今年はこんな感じでした。

 

 

 

ご覧の通り、ヘッドライナーはかなり長いです!2時間とかもありえます!

これも日本とは大きな違いですね、、

 

 

実際の会場の様子

 

 

 

なんと、会場内の3分の1ほどが遊園地のようになっています。

なんか全然違いますね笑。

 

 

 

薬局とか古着屋すらありました。なんなんだ、、笑

ちなごはん屋さんも充実しています。少したかいですが、、

大体のとこでクレカも使えるし、ATMも大量にあったりします。

 

 

 

 

公式のショップ(MERCHANDISEっていいます)は日本のようにズラッと並んでいたりはしません。

READING LEEDS FESTIVALのグッズと出演アーティストのTシャツが壁に貼られてる感じですね。

だいたい20〜30ポンドくらい。

 

 

 

メインステージのライブです。こちらはパンクバンドKORNの開始前ですね。

盗難は日本と同じように注意しておけば問題ないでしょう。当然起こりうるので注意は必ず必要です。

イギリスのフェスなんてめちゃくちゃ激しいんじゃない、、?って思うかもしれませんが、全然そんなことはなかったです(;・∀・)

KORNで割と前列にいたのに、みんな大人しかったですね〜これはLEEDSだけなのかな、、?

 

まとめ

 

 

いろいろと日本と違う点はありますが、身の回りの安全や服装等に注意すればとっても楽しめるのがイギリスのフェスです。

人生の貴重な経験になること間違いなしです!ぜひ参加してみてください!

 



スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です