当ブログのおすすめ記事はこちら!
  • 【学生でもできる】エンジニアとして海外ノマドワークをする方法と実際に感じたこと

【簡単に】エンジニアが英語を勉強するならPC環境を英語に変えるべき【英語学習】

SHARE

【簡単に】エンジニアが英語を勉強するならPC環境を英語に変えるべき【英語学習】



こんにちはTakumi(@ynwa_ynwa_0826)です。
最近のエンジニアは英語力が必要ってよく言われてます。
メリットとしては

*英語で書かれたドキュメントが読める
*増え続ける外国人エンジニアのマネジメントができるようになる
*海外で働くチャンスがゲットできるかも

といったものがあげられるかと。
実際自分はフィリピンでプログラミングと英語を勉強して、文系の未経験から就職ができました。
正直いって周りの理系のひとほど技術力があるかといわれると、厳しいところはあります。
が、英語が話せることが評価され入社してからは中国やニュージーランド、フランスなどの多国籍チームのマネジメントを任せてもらえるようになりました。

ということでエンジニアが英語を勉強しない理由はないです。げきつよエンジニアが英語まで習得しちゃったらもう圧倒的神エンジニアです。

今回の記事ではエンジニアが最もお手軽に英語の勉強をできる方法を紹介します。

目次

  1. 今すぐパソコンの言語設定を英語に変えましょう(できればスマホも)
  2. 単語帳には載ってない単語がいたるところにでてきます
  3. エンジニア間の英会話にも役立つ

今すぐパソコンの言語設定を英語に変えましょう(できればスマホも)

 

Screen_Shot_2019-01-13_at_20_54_32

Macなら設定のところから言語の変更ができます。!

 

Screen_Shot_2019-01-13_at_20_55_07

変えてしまったら、一旦再起動が必要になります。これによって日本語にもどすのが億劫になるので継続に意外と繋がる、、!

すると今まで見慣れていたMacの画面が一変します。めちゃクールになります。

もちろん説明も警告文もなにもかも英語です。なにをするにしても英語を読むしかないです。You have no choiceです。

せっかくなのでスマホも英語に変えちゃいましょう。当然ですが、スマホだってPCみたいなものなのでエンジニアが使う用語が溢れてます。iPhoneもクールになりますよ(厨二病

 

僕のホーム画面です。いけてることにしておきたい。

単語帳には載ってない単語がいたるところにでてきます

例えば先ほど設定した「設定」を起動してみましょう。

 

Screen_Shot_2019-01-13_at_21_04_11

ん、、?settingかと思いきやそれらしきものはなさそう。
正解は「System Preferences」です。preferenceなんて辞書で調べたって、「好み」くらいしかでてこないです。

Screen Shot 2019-01-13 at 21.06.24

他にも設定はconfigureみたいな表現が他のソフトのところで出てきたりします。
こんな表現も中学高校の英語の勉強ではなかなか目にしないですよね。

でも、実際にコンピュータの世界にはこういう単語がごろごろあるわけです。知っておけば、ドキュメントを読むのにも役立つことでしょう。

エンジニア間の英会話にも役立つ

 

english_kaiwa_man

 

なんと英会話に役立つこともあります。
先日自分と外人エンジニアの間であった会話がこんな感じです。

外エン: 新しく作れって言われた機能わけわかんないし、テーブル構造もよくわからん。slackで昔のシステムのソースコード送ってくんね?
ぼく:おけ。送るわ。、、、あれこれファイルでかいから送れねえな。圧縮しておくるね

この時「圧縮」という単語が頭のなかにすらっとでてきました(compressです!)
これはMacで圧縮をするときに必ずcompress ~~っていうボタンを押さないといけないからです。

こんな感じで普段からエンジニアの役にたつ単語を目に焼き付けることができるので、会話力の向上にも役立つってわけです。

まとめ

かかる費用0円なのに、英語のドキュメントを読む力もつき外人エンジニアとの会話もしやすくなるなんて夢のようですね。
しかも環境がかっこよくなります(厨二ry
音速で設定しましょう



スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です