当ブログのおすすめ記事はこちら!
  • 【学生でもできる】エンジニアとして海外ノマドワークをする方法と実際に感じたこと

エンジニアがリモートワークを目指すのはぶっちゃけおすすめできない理由

SHARE

エンジニアがリモートワークを目指すのはぶっちゃけおすすめできない理由



こんにちはTakumi(@ynwa_ynwa_0826)です。

エンジニアを目指しているひとって、リモートワークをしたい!っていうひとが多いとお思います。会社にいって嫌な人間関係に関わりたくないとか、満員電車にのりたくないとか。
ただ、正直リモートワークをしたいからエンジニアになる!というのは全くおすすめできないのでやめたほうがいいと思っています。
今回はその理由なんかを書いていこうと思います。

  1. 相談相手がいない
  2. 集中力の問題
  3. 実力がないと、、、

相談相手がいない

 

 

まず相談できる相手が身近にいない状態で仕事をするのは非常に効率が悪くなります。
例えば仕様定義者がまわりにいない場合、これで大丈夫なのか、、、?といった不安感とともにコードを書かないといけません。
slackとかで聞くにしても、文面だけだと伝わりづらいことも多くあります。
ビデオ会議も可能ですが、相手の時間を確保してもらって聞くというふうになるので時間がかかってしまいます。
ただもし周りにこういった人がいれば、相手そうな時間を見計らってあっさりと聞くこともできます。
エンジニアがまわりにいない場合でも同じで、技術的な質問がしにくくなることがありますね。
ということで、相談相手が身近にいないと効率が落ちます。コスパが悪いです。。。

集中力の問題

 

 

集中できるひとはできると思いますが、一部の人は周りがいないと集中もできないし、働いている感じもしないからモチベがさがっていく、、となるかと。

強靭な精神力があるひとは仕事に熱中していけるでしょうが、もしカフェで仕事をしていて周りの人が関係ない話とかをしていたら、まー仕事感がなくなりますよね。
また、孤独感を味わうことになります。ぼくはこれが結構きつくて誰かと同じ仕事をしていないと孤独すぎてやるきが失われていきます。。w

相当に強い精神力がない限りはかなり厳しいと思います。
ただ弊社にも何人かフルリモートでやっている人はいて、できる人はできると思います。適正の問題ですね。
けどどうじゃない人はせめて週に1日とかじゃないと、、

実力がないと、、、

 

まずエンジニアになったばかりの人とかは絶対にリモートをすべきでないと思います。実力がないと、なにをすればいいのか何が自分がわかっていないのかを理解できないので仕事が全く進まないかとw
そもそもフルリモート案件で初心者が雇われることはほぼほぼないと思いますが、、w
なんにせよ2,3年の経験が最低必要になってくる感じですね。

まとめ

 

 

リモートはきらきら舌世界に見えるかもですが、実際は苦労の世界でもあります。ひとによっては全く合わないし合う人もいます。
よってフルリモートで働くことを目的にはしないほうがいいと思いますよ。エンジニアで就職してみて、なんとなくリモートでも仕事ができるようになってきた〜くらいのほうがちょうどいいかと。
参考までに。



スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です