当ブログのおすすめ記事はこちら!
  • 【学生でもできる】エンジニアとして海外ノマドワークをする方法と実際に感じたこと

nginxでSSLの設定を行う【HTTPS対応】

SHARE

nginxでSSLの設定を行う【HTTPS対応】



こんにちはTakumi(@ynwa_ynwa_0826)です。
nginxでSSLの設定をするのはとても簡単です。
今回はその設定時のメモを書いておきます。

SSL証明書(公開鍵 + 中間証明書)と秘密鍵

 

これらを用意します。中間証明書は認証局に準備して貰う必要があります。

このSSL証明書をクライアントに渡して、クライアントは共通鍵を生成しサーバに渡します。ここから共通鍵暗号方式として通信を開始しています。

これらをそれぞれssl.pemとssl.keyとして、/etc/nginx/conf.d/以下においておきます。

nginxのconfの設定

ssl on;
        ssl_protocols TLSv1 TLSv1.1 TLSv1.2;
        ssl_certificate /etc/nginx/conf.d/ssl.pem; //共通鍵(SSL証明書)
        ssl_certificate_key /etc/nginx/conf.d/ssl.key; //秘密鍵
        ssl_session_cache shared:SSL:1m;
        ssl_session_timeout  5m;

ポート番号は443にして、confの末尾にこの設定を加えて、nginx restartすれば、httpsで接続できるようになります!!

以上、とっても簡単な方法でした。



スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です