当ブログのおすすめ記事はこちら!
  • 【学生でもできる】エンジニアとして海外ノマドワークをする方法と実際に感じたこと

エンジニアにおすすめなイヤホンはAirpodsである理由【Apple信者】

SHARE

エンジニアにおすすめなイヤホンはAirpodsである理由【Apple信者】



こんにちはTakumi(@ynwa_ynwa_0826)です。
エンジニアの方は普段どのようなイヤホンをつけて働いているのでしょうか??
結構多くの人が勤務中でも音楽を聞いていて、集中してコードを書いています。

僕も割と音楽を聴きたいので、イヤホンをつけるのですが何個か試してみてAirpodsがベストであると感じました(´・ω・`)

その理由を紹介していきます〜〜
(※今回はあくまでオフィスの中で聴くことを想定しています)

  1. 遮音性が低く周囲の変化に気づきやすい
  2. 周りから話しかけられやすい
  3. Web会議にも使いやすい

遮音性が低く周囲の変化に気づきやすい

驚く人もいるかもしれないですが、遮音性が低いというのは大きな利点でした。。

実際「エンジニア イヤホン」とかで検索すると遮音性の高いイヤホンが紹介されています。
しかーし、遮音性は高いとかなり問題があります。周りでなにか話していても気づきにくいし、何か話しかけられてもわからないことです。

上司

ちょっと今からミーティングいい?

ヘッドホンでノリノリのエンジニア

上司

(なんやこいつ…反応せんやんけ…)

こんなことも起こりうるわけですね。。

以前僕はBeats Xを使用していたんですが、こいつの遮音性はバッチリなのでこういう感じになってしまってました。。

それを防ぐために片方を外しながら聴いてましたが。。。まあ、、ちょっとブサイクで(;_;)

しかし、Airpodsだと小さな音に設定しておけばつけながらでも人と会話できます。
なんというか、BGMが流れている感じです!

上司

ちょっと今からミーティングいい?

Airpods使いのエンジニア

はい!

こんな感じで普通に反応することができます。

なので結構話し合いとかが周囲で頻繁に行われる職場だと特に最適ですね。

周りから話しかけられやすい

 

 

もしヘッドホンをつけていたとしましょう。

周りの人はどうおもうでしょうか、、?確実に話しかけるのを躊躇しますね。。

もしあなたが入社した直後でこんな感じだったら???まあ間違いなく悪いイメージを与えるでしょうね。

Airpodsなら小さいので、つけているのかつけていないのかなわかりにくく、ずっと話かけやすいです!!

実際ぼくは隣の席の同僚でずっとAirpodsをつけているエンジニアにガンガン話しかけれるし、彼も問題なく応答してくれます。印象は全然悪くないですね

ヘッドホンは全く会話がない職場とか、リモートワークにはいいかもしれませんが、、、
やっぱり普通の職場には向かないかなあと

Web会議にも使いやすい

特にMacbookを使っているエンジニアの方ならペアリングがむちゃくちゃ楽です。
画面右上のBlutoothのマークを押してすぐです。

さらにAirpodsさんのマイクの機能はなかなか良く、かなり音を拾ってくれます。Beats Xよりもかなり会話はしやすいイメージでした。

Web上で会議を済ませてしまうことの多いエンジニアに向いていると言えますね。

まとめ

2019年夏、巷ではpowerbeats proとかWF-1000XM3とかが流行ってますね。
働くときに使うイヤホンと考えるなら、これらはちょっと違うかな〜と思います。
完全に音を遮断して自分だけの世界を作ってしまいますからね。。。会社員には向いていない。

よってAirpods凄くおすすめです。高いけど。検討してみてください。。



スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です